古い石像の数々に心惹かれる参道~山形県高畠町「亀岡文殊堂」

古い石像の数々に心惹かれる参道~山形県高畠町「亀岡文殊堂」

大阪から山形の置賜地方への移住を計画中のモモです。

9月に農作業体験に訪れた際、高畠町にある亀岡文殊に行ってきました。

知恵を司る菩薩「文殊菩薩」が祀られており、日本三文殊の一つに数えられているお寺です。

学業成就にご利益があるということで、園主先輩も受験生の時にお参りしたそう(結果は合格)。

私も人生の第3ステージを迎えるにあたり、知恵を授かりたいものですが…ここには他にも思わぬ魅力があり、たいへん興味を引かれる場所でした。

 

駐車場で降り、こちらの門から参道へ。

 

 

この石段を登ります。

 

 

参道で特徴的なのが、この石段脇にある石像の数々

現在の文殊堂は大正時代に改築された建物だそうですが、この地に文殊菩薩を安置したのは807年と起源は古く、長い年月を感じさせる石像に目を奪われました。

「いつの時代に作られたのだろう?」と見入ってしまう。

 

 

一体一体の石像の詳細を知りたいのですが、多くは説明がありません。

そんな中、最も印象に残ったのが上の画像・左下の石像。怖い顔をした老婆に見えます。

いったい誰なんだろうとずっと気になっていたところ、一昨日テレビで似た石像を「姥神様」と紹介していました。

この象もそうなのかな…?ああ真相が知りたい。

 

十六羅漢像。お釈迦様の弟子のうち、特別に優れた方々。

 

 

しかし園主先輩曰く、十六体は確認できないそう。中には崩れてしまった石像もあるのでしょうか。

ちょっと上から見たところ。

 

 

石段を登りきるといよいよ文殊堂。

正式名称は大聖寺(だいしょうじ)です。

 

 

それほど大きくないけれど立派な本堂で、良い空気感があります。

お堂の裏にある蔵王大士。

 

 

なんか気になった場所。

 

 

以前この下り坂は冬になると滑って転ぶ人が続出で、手すりがついたそうです。

 

 

受験生がたくさんお参りに来るのですから、縁起的な意味だけではなく、ケガ防止のためにも必須ですよね。

それにしても緑が濃く空気の清々しい参道。

帰り道もゆっくり満喫します。

高畠全体がそうだと思いますが、民俗学好きにはたまらないこの感じ。

 

 

厳かさと長閑さが同居していて、昔話の世界に迷い込んだような気分です。

ふもとにあるお土産屋さん兼お茶屋さん。

 

 

私は寄りませんでしたが、お団子が美味しいそうです。

こちらは四国八十八ヶ所霊場分霊。

 

 

やはり長い年月を感じさせます。

 

 

亀岡文殊はパワースポットと言われているそうですが、なんだか分かる気がします。

何度でも訪れたくなる場所でした。

今回は駐車場まで車で行きましたが、もっと下には仁王門があるそうなので、移住した暁にはぜひそこから登ってみたいと思います。